スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

071031.jpg


昨日、お客さんの敷地を調査していたら、お庭の片隅に石でできたウサギの置物を見つけました。
その前にはお団子のようなまん丸の石がいくつもおいてあり、横の木の実もいい感じで、まるでウサギがお月見をしているように見えました。
お客さんに「よくまん丸の石がこんなにいくつも揃えられましたね~」とお尋ねすると、「田んぼからコロコロ出てきたんや」ってことでした。
更にお客さんがおっしゃるには、歴史に詳しい先生が言うには、この石は縄文時代の人達が穀物や木の実などをこの石ですりつぶしていたものじゃないかとの事でした。
秋の夜長、遠い古代のロマンを想像してみるのもいいかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。