スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誇大な表現

今日は真面目な話を真面目にします。
先日、弊社でもっと「チャコの家」をアピールする事が出来ないものかとケーブルテレビを見ていました。
以前、内覧会に来ていただいたお客さんに「こんなにいいもの(チャコの家)があるのにもっと宣伝しないとあかん~」と、言われてしまったからです。私としてはホームページやラジオなど、頑張ってやってるつもりなんですが、まだまだ足りないんですね~。
ところがテレビを見ていてガッカリしました。
○○工法の番組で、あきらかに事実とは違う、嘘や誇大な表現がバンバン流れていました。
そんな事言っちゃって家が完成してからお客さんにどうやって説明するんやろ?って感じでした。
実際に、建物の性能の「健康」「暖かい」「涼しい」「快適」などをテレビ、ラジオや活字などでアピールしても、なかなか一般の人には伝わりませんよね。
伝わらないことをいいことに、色んな事を言いたい放題。
こんな建物と一緒にされてしまうのなら、ここのテレビでは広告できないなあ、と思ってしまいました。
確かに、お腹に刺激を与えただけで筋肉が付いちゃう器具の宣伝などTVショッピングなんかにも怪しいものはたくさんあるんだと思いますが、この世の中、やっぱり言ったもん勝ち、だまされた方が悪いんでしょうか?
TV局は結局は儲かればいいんですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。