スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老木


我が家の裏庭に昔からあった「しいの木」の伐採作業の様子です。


とてもとても、大きな木で幹は大人で二抱えほどありましたが、ついに枯れてきてしまい、切ることにしました。


木の幹部分です。
ダンプに乗せた様子です。


切り株です。
2枚目の写真と同じアングルです。
年輪を数えたら、樹齢100年以上ありました。

先日の製材所の御祓いといい、本日の老木の伐採といい、仕方ないこととはいえ、非常に寂しい別れです。
私でさえ、そう思うのですから、遠い昔に製材所を築き、長い間庭木の手入れしてきた親父にしてみたら、私以上に思うものがあるに違いありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。